筋肉図鑑

筋肉図鑑・外肋間筋

外肋間筋とは
名前の通り肋骨の間にあります。この筋肉も肋骨の挙上(吸気)を助けます。

外肋間筋(前から)

外肋間筋(後ろから)

写真を見ると、後方は背骨まで広がっているのに対し、前方からみると胸骨まで達していないことがわかります。

また、次の画像をみてください。

筋肉の繊維が斜めに走っていることがわかります。

これにより肋骨の間隔を狭めるのではなく、肋骨を持ち上げる動きに変えることができます。

肋骨の脇に近い部分、(脊柱から遠い部分)になるにつれ、持ち上がる動きが大きくなります。(下画像矢印方向)

一つ気をつけていただきたいのが

この筋肉は「補助的な役割しか担っていない」と考えた方がよいということです。

 

しかし、呼吸は全身の筋肉がそれぞれ関わり合って行われているので、

この筋肉が自由に動いているイメージは持っておいてよいでしょう。