マインド

できない自分を責めるだけでなく、できた自分も褒めてあげる

こんにちは!HISAです

あるセミナーでのパフォーマンスレッスンの話です。

私はあがり克服をテーマに設定し、人前で歌うワークをしました。

皆の前で歌ってみた感想を講師の先生に聞かれたのですが、私はいつものように

HISA
HISA
「高音の時に~になってしまってダメだった」

「~の時に不安を感じた」

などと答えました。

すると、それに対して先生は

「歌い始めがよかったら、そこだけでも自分を褒めてあげていいんだ。」

と言いました。目から鱗でした。

できないところを解決したいから、できなかったところに着目するのは仕方ないと思いますが、視野が狭かったなぁと気づきました。

うまくできなかった事よりうまく出来た事の方がはるかに多くあったのに。

人は、自分の理想と違うところにすぐ気づきます。だから、自分の理想に近づけようと、否定するところから入ってしまいます。

教師などの教える立場の方々もそういう人が多いのではないでしょうか。

理想と違くても、自分に害が及ぶ事はそうありません。

だから、そこまで必死に、できないところや悪いところを見なくてもいいかな。そう思いました。

いいところを褒めて満足する機会もちゃんと与えてあげましょう。